B級グルメってなんなのか調べてみた

どうも、こたろうです!

今回はB級グルメを追求したいと思います!

B級グルメとは

f:id:kotarou_zatuki:20190117123416j:plain



元々一般の人が食べるもので、庶民的で美味しいものをB級グルメというようです。

いつしかご当地グルメなどもB級グルメと言われるようになりましたけど、そういう所での繋がりもあるようですね。

全国各地には郷土料理がありますから、私たちのまだ食べたことない料理などもたくさんあると思います。

今では各地の料理などを都心に行くと食べれたりしますけど、食べてみると美味しいものばかりですよね。

 

大阪では「かすうどん」と呼ばれる、天かすではなく油かすというものを使ったうどんが有名かもしれません。

油かすというのは、牛のホルモンを油で揚げたものですけどこれが絶品です。

なんとも言えない癖があり、これは関東の人はほとんど知らないと思います。

 

全国各地にB級グルメとされる代表的なものがあるみたいですけど、さすがに多すぎますので北と南だけでも紹介したいと思います。

 

北海道が誇るB級グルメはザンギですね。

味を簡単に捕捉しますと、色々な調味料を使った濃い味のから揚げのようです。

醤油ベースで味付けをしており何もかけずに食べても美味しいそうです。

 

沖縄になるとこれは有名だと思いますけどタコライスになります。

タコライスって言っても実はタコのライスではありませんよw

メキシコのタコスの味付けをライスにのせたタコスライスという意味です。

ぶっちゃけこれを書くまで私はタコの乗っているライスと思っていました・・・。

 

B級グルメが有名になったきっかけ

今では当たり前のようにB級グルメと認知されていますけど、もともとはどういった経緯でB級グルメが有名になったのでしょうか。

 

元々は地域活性化のための町おこしをきっかけにB-1グランプリ、というものを作ったのがきっかけだと言われています。

記念すべきB-1グランプリ第1回は2006年に開催されて約2万人ほどが集まり、それを取り上げたメディアにより第2回からは10倍の20万人以上が集まる大イベントに発展。

そこから毎年最低でも20万人以上の規模になり、多い年では60万人を超える規模になったこともあるそうです。

地元では有名で当たり前の食べ物も、他の県民にとっては美味しすぎる食べ物という風に認知されていき、気が付くとB級グルメも当たり前になっていったんですね。

 

こたろう余談

ここからは私の感想と雑記になります。

B級グルメっていいますけど地元民からすると、B級グルメと言われるまで知らずに普通に食べていた食べ物ってありますよね。

日本という国は47都道府県各地にそういったB級グルメ的なものがあります。

高級料理とか高い食べ物は美味しくて当たり前ってイメージがありますけど、なにも無理して食べなくても安くて美味しいものはいくらでもあります。

出張とかでどこか地方とかに行く人は、できればこういったご当地グルメを堪能してはいかがでしょうか?

私は出張などを経験したことはあまりなく、自分の住んでいる地域から離れること自体あまりありません。

これからどこか遠出をするときはその地方のB級グルメを食べまくりたいですね。

 

最後まで読んでくれた方はありがとうございました!

それでは、また!