チョコレートのカカオポリフェノールによる驚くべき5つのメリット

                 スポンサードリンク

どうも、こたろうです!

今回は、チョコレートを食べることにより得られるメリット、デメリットについて調べていきたいと思います。

チョコレートのメリット

f:id:kotarou_zatuki:20190120031959j:plain

  • カカオポリフェノールが豊富
  • ストレス軽減
  • 脳を活性化
  • カカオによる冷えやむくみの改善
  • 様々な病気予防

などが主に挙げられます。

まずなんと言ってもカカオポリフェノールが含まれているということですね。

カカオポリフェノールは血圧低下や動脈硬化の予防、美容効果からアレルギー改善などと様々な効果があります。

 

カカオポリフェノールは、主にダークチョコレート(苦いチョコ)になればなるほど含まれている量が多いとされています。

最近ではカカオ72%などとかの商品もありますけど、甘くないチョコレートは健康にいいと言われているのを耳にしたことはありませんか?

カカオポリフェノールは脳の認知機能を高めてくれるとも言われています。

そしてダークチョコレートに限っては、逆に冷え性やむくみにも効果があると言われています。

確かに普通のチョコレートみたいに何個も食べることはできませんけど、それだからこそ逆に食べ過ぎずに摂取できるというメリットもありますよね。

 

といって甘いものはダメというわけではありません。

甘いものには乳成分が含まれていますし、美味しくハッピーになりストレスも軽減してくれますよね。

更に甘さと美味しさで脳を活性化させるとも言われています。

チョコレートのデメリット

  • 甘いチョコレートの食べ過ぎによる肥満
  • ダークチョコレートは食べ過ぎに注意

まず甘いチョコレートは美味しくて食べ過ぎてしまいますよね。

糖分も多いですし甘いチョコレートを食べ過ぎると、糖尿病や虫歯の原因になってしまいます。

そしてカロリーも多いですから肥満体質になってしまったり、逆に糖分を摂りすぎると疲れやすくなるとも言われています。

 

そしてダークチョコレートの食べ過ぎも厳禁です。

カカオが豊富な分、カカオを摂取しすぎてしまうと利尿作用や興奮作用があると言われています。

カフェインも多いとされていますし、ダークチョコレートを一気に食べようと思う人は少ないと思いますけど食べ過ぎにはご注意を。

明治チョコレートさんは公式で、ダークチョコレートは1日3~5枚程度にしましょうと言われています。

朝昼晩などに摂り入れるのがベストかもしれませんね!

チョコレートまとめ

チョコレートにはリラックス効果がある。

特にダークチョコレートと言われる、カカオ含有率が多いチョコレートはカカオポリフェノール効果で健康効果にもあり。

 

甘いチョコレートも苦いチョコレートも、食べ過ぎるとデメリットになるのでほどほどに。

こたろう余談

ここからは私の感想と雑記になります。

甘いチョコレートを食べると美味しくて自然とリラックスしちゃいますよね。

チョコレートを食べているときは幸せパワーが出てくる感じがしますけど、私的なデメリットは食べ過ぎてしまうことです。

気づけば普通の人では考えれないくらい食べてしまうので、できる限り買わないようにするほどヤバいです。

 

けれどもこうやってみていくとダークチョコレートがいいようですね。

一度食べたことがあるんですけど、確かカカオ95%を食べて苦すぎて一枚で辞めた記憶があります。

それほど苦かった気がしますけど、1日3枚程度で効果があるのならば甘いチョコレートが食べれない分、ダークチョコレートで我慢するっていう選択もありですよね。

 

カカオポリフェノールは、摂取しても体内から排出されやすい言われているようですのでこれからはダークチョコレートを朝昼晩食べようかなと思います。

 

さすがに毎日食べることはしないでしょうけど、ほどほどに摂取することで健康に行きたいものですね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!

それでは、また!