寒い冬に欠かせない「カイロ」の効果的な使い方で全身ポッカポカ

どうも、こたろうです!

寒い冬が続く中寒さ対策は万全でしょうか?

今回はカイロを効果的に使うまとめを取り扱いたいと思います。

 

カイロの効果的な使い方

f:id:kotarou_zatuki:20190117202235j:plain



主にカイロを効果的に張る場所とされているのが

  • 背中
  • お腹
  • 腰回り
  • 足首

という風にされています。

足首?と思った人もいるかもしれませんけど、アキレス腱付近にカイロを張るだけで足先の冷えにも効果があるとされています。

一般的には人に見られにくい腰に張る人が多いと思います。

腰といってもお尻に近い場所と、肩甲骨に近い場所に張る方が効果があります。

どちらにも体のツボがありますし、腰といっても少し上か下を意識して張ってみるだけでぽかぽか効果が変わるかもしれませんよ!

 

首の部分はさすがに貼りにくい人もいると思いますけど、簡単に言いますと肩甲骨の少し上あたりで解決します。

主に肩こりなどでよくマッサージされる部分ですけど、この部分にカイロというのも効果があるとされています。

そのド真ん中に位置する場所に張ってもいいともされています。

 

お腹周りはへそから大体指4本下あたりに、丹田という聞き覚えのあるツボがありますのでそこを意識して張ると、便秘効果などにも効果があるみたいですね!

 

カイロについてのまとめ

カイロってとりあえず腰に張っとけばいいやとか、簡単に考えていた人も多いのではないでしょうか。

こうやって見てみると、ツボを意識しながら少し張る位置を変えるだけで効果が全然違ってくるようですね。

足先が冷えるという人は多いでしょうし、これを機会にアキレス腱付近にカイロを使ってみるのもありかもしれませんね!

 

こたろう余談

ここからはいつも通り私の雑記となります。

私はこれをまとめてみるまでカイロなんてお腹か腰に張っているだけでした。

足に使うっていうのは考えもしませんでしたし、ツボを意識するだけで効果は全然変わるとは考えもしなかったですね。

 

カイロは一般的なサイズで40~50度に上昇し、約12時間程度保温効果があります。

張るタイプなどはサイズも小さくなりますから、その分少しだけ温度も効果時間も減ってくるようですね。

 

寒いときは手を温めるように持って使ったりしていましたけど、これからは肩や腰の低めの位置などを意識して張って使ってみたいです!

寒い冬に外に出かけるときって嫌になることもありますけど、少しでもカイロで温かくなれればそれだけでありがたいですね!

 

ここまで読んでくれた方はありがとうございました!

それでは、また!