知らないと怖い、熱中症と日々できる予防法

どうも、こたろうです!

今回は熱中症予防について追及していきたいと思います!

f:id:kotarou_zatuki:20190609191849j:plain

熱中症とはいったいどんな症状か?

そもそも熱中症とはいったいどういった症状なのか調べていきます。

  1. 体温が上がり体内バランスが崩壊
  2. 体温調節機能が働かなくなる
  3. それに伴い、めまいや痙攣、頭痛といった症状を引き起こす

といった感じになり、ひどい症状にもなると救急車で運ばれてしまうほど重い症状になるようです。

熱中症といえば真夏の暑い時期に外にいるとかかりやすいと思われがちですが、室内でも引き起こしてしまいますので対策は万全にしたいものです。

室内で熱中症にかかり救急車を呼んだ例が4割弱あると言われていますので、太陽に当たっていないからといって安心はできません。

こまめな水分補給と塩分補給は今では当たり前のように言われていますね。

熱中症予防をするには?

続いては熱中症予防についてです。

  • こまめな水分と塩分補給
  • 睡眠をしっかりとり丈夫な体作り
  • 室内では涼しい環境作り
  • 外に出るときは涼しい服装と日よけ対策

などが例として挙げられます。

 

こまめな水分補給は今では当たり前のように言われていますけど、ただの水を飲むよりもスポーツドリンクの方が良いとされています。

スポーツドリンクには塩分と糖分も含まれていますので、効率のいい摂取の仕方のようですね。

 

そして睡眠をしっかりととり食事もきちんとして強い体作りです。

睡眠不足だと他の病気にもなりやすいと言われていますし、暑い夏を乗り切るにはこういったからだのコンディションをしっかりととることで熱中症予防にもつながります。

 

室内では涼しい環境を作りより熱中症にならないようにしたいものです。

上でも挙げましたけど室内熱中症にかかる人が4割弱いると言われていますので、少しでも熱いと感じるようでしたらクーラーなどを惜しみなく使いたいものですね。

 

そして室内にずっといることもできませんので外出するときはやはり暑さ対策です。

涼しい衣服を着用したり、日差し対策で帽子をかぶったりなどできる限り直射日光を浴び続けるといった状態を少なくしたいものです。

 

熱中症のまとめ

熱中症にならないためにはなんといってもこまめな水分塩分補給ですね。

できる限りスポーツドリンクを飲むことで同時補給もできますし、いまでは塩分タブレットなど塩系の飲食が増えていますし意識して摂取していきたいものです。

大人にもなるとお酒が好きな人も多いと思いますけど、二日酔いや寝不足でも熱中症になってしまう原因となりますので注意が必要です。

そして、室内でもかかってしまうので我慢するくらいなら惜しみなくクーラーなどをつけて暑さ対策をするようにしましょう。

こたろう余談

今回は熱中症についてまとめてみました。

水分塩分補給は当たり前のように言われていますけど、室内の熱中症が4割弱あるというのには驚きですね。

年配の方たちがとくに熱中症にかかってしまう印象が多いですけど、こういう室内熱中症にかかる人が多いのかもしれません。

年を取っていくと色々と感覚が鈍くなり水分も知らず知らずのうちに足りていないとも言われますし、喉が渇く前に意識して水分補給をするのもいいと思います。

 

私は幸い熱中症にかかったことはありませんけど(自覚がない)、しんどい時や立ち眩みなどは普通に一瞬しちゃいますし気を付けたいと思います。

人間は50%以上が水分でできていますからやはり生命線の水分だけは積極的に摂っていき、この暑い夏を乗り切っていきたいと思います。

 

みなさんも異変を感じる前にできる限り水分補給などをして暑い夏を乗り切っていきましょう!