いまさら聞けないポリフェノールの意味と効果

どうも、こたろうです!

今回はポリフェノールについて追及していきます!

ポリフェノールって何?

f:id:kotarou_zatuki:20190120172059j:plain

よく耳にしますけど、実際ポリフェノールとはなんなのでしょうか?

  • ポリフェノールの種類は8000種類以上
  • ほとんどの植物に含有されている苦み成分

ポリフェノールは現在8000種類以上もあるとされています。

ポリフェノールとは、分子内に複数のフェノール性水酸基がベンゼン環を持つ有機化合物の総称とされています。

専門用語が多すぎてなんぞや?となってしまいますけど、簡単に言いますと植物などが光合成によってできる色素や苦みの成分といった感じです。

ポリフェノールというと赤ワインや緑茶が代表的に言われていますけど、元をたどるとブドウだったりお茶の葉ですので納得ですね。

ポリフェノールの効果

  • 抗酸化作用
  • 認知症予防
  • 体内での様々な健康効果

以上がざっくりとした例として挙げられます。

上記でも述べましたが、ポリフェノールとには様々な種類がありますのでここですべてを説明するのは少し難しいです。

そして野菜や果物にも含まれていますから、わたしたちはある意味自然な形で知らず知らずのうちに様々なポリフェノールを摂取していることになります。

代表的なもので言いますとコーヒーにも多く含まれています。

コーヒーはほとんどの人が飲むでしょうし、ポリフェノールも豊富ですので知らず知らず摂取していることになりますね。

1日の目安摂取量は1500mgと言われていますけど、コーヒー1杯に400mg入っているとされれいます。

それ以外にも野菜を食べたりなどで摂取はできますから、本当に知らないうちに摂取しているといった感じですね。

 

そして抗酸化作用においてポリフェノールはかなり良いとされています。

体内が酸化するということは老化につながります。

それを防いでくれる抗酸化作用に強い働きをもたらしてくれるとされています。

老化が進むと基礎代謝が低能して脂肪の燃焼が抑制されます。

ポリフェノールを摂ることでそれらを防ぎ、老化しにくい体になり美容と健康にもつながっちゃうんですね。

 

野菜は健康に良い!と言われたりしますけど、こういった抗酸化作用の働きを持つポリフェノール効果もあるんですね。

 

ポリフェノールのデメリット

  • 水溶性なのですぐに体外に排出される
  • 過剰摂取

ポリフェノールは水溶性のものですので、すぐに尿などで体外へと排出されてしまいます。

ですのでこまめに摂取することが大事とされています。

 

そして何よりも過剰摂取です

なんでも健康にいいからといっての過剰摂取は良くありません。

赤ワインもポリフェノールとしては有名ですけど、飲み過ぎは体に悪いというのは一目瞭然ですよね。

上記で挙げたコーヒーも飲み過ぎるとカフェイン中毒の可能性があります。

カフェイン中毒は本当に危険です。

 

 

そして緑茶などにも含まれているポリフェノールですけど、摂りすぎてしまうと色素が歯などに沈着してしまうとも言われています。

コチラは改善方法もあるみたいですけど、一つの食材などを過剰摂取するといったことは控えた方がいいですね。

 

ポリフェノールまとめ

ポリフェノールと一言で言っても、実は8000種類以上ある。

その種類により健康効果などが見込める。

特に抗酸化作用が注目したいところ。

すぐに体外へ排出されるのでこまめに摂取。

何事も過剰摂取は厳禁。

 

こたろう余談

ここからは私の感想と雑記になります。

今回はポリフェノールを題材に追及していきました。

ポリフェノールと一言で言っても、色々な食材などに色々な種類のポリフェノールがあるんですね。

主に野菜などだと苦みなどがポリフェノールと考えていいようですけど、ここまで奥が深いとは思いませんでした。

ポリフェノールの種類に応じて効果も違いますけど、世間で言われている大まかなポリフェノール効果はお伝え出来たと思います。

 

体内に3時間程度留めるのが限界とされているようですので、過剰摂取をしても意味がありません。

こまめに食事で摂り入れたりする必要がありそうですね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!

それでは、また!