緑茶最強説!緑茶のカテキンってなに?

どうも、こたろうです!

今回は緑茶について色々と調べていきたいと思います!

緑茶の効果とは?

 

f:id:kotarou_zatuki:20190117122459j:plain

 

日本人なら一度は飲んだことがあるはずの緑茶。

そんな緑茶がもたらす劇的な効果を見ていきます。

  • 動脈硬化の予防
  • カテキンにより免疫力アップ
  • ガンになるリスクの減少
  • 虫歯予防
  • 老化防止

その他にも様々な効果が期待されるようです。

中でもよく耳にするカテキンが一番いいみたいですね。

カテキンってなんなの

カテキンとはポリフェノールの一種でありタンニンとも呼ばれています。

緑茶の渋い味を出す元がタンニンにあたります。

 

カテキンは体内のウイルスにも作用しますので、カテキンを取り入れることで風邪などの予防につながり、更には老化防止も助長すると言われています。

 

そしてカテキンはコレステロールの吸収をおさえながら排出するという効果も。

善玉コレステロールは取り入れて、悪玉コレステロールは排出。

 

 

そしてカテキンは虫歯の原因でもある、ミュータンス菌をも抑える効果がありこれにより虫歯になりにくい歯を維持できるということです。

 

食事中に一緒に取り入れると消費エネルギーも増えていきます。

これによりダイエット効果にも効果的だと言われます。

 

緑茶のメリットとデメリット

カテキンが凄いということはわかりましたけど、やっぱりそんな緑茶でもメリットとデメリットは存在します。

緑茶のメリット

  • カテキン
  • テアニン
  • その他ビタミンやミネラルが豊富

カテキンは上記で上げましたけど、その他にもビタミンも入っています。

テアニンというものも含まれており、お茶のうまみ成分になる部分です。

テアニンにはストレス軽減や、睡眠改善にもつながります。

 

緑茶のデメリット

  • カフェイン
  • タンニンが鉄分の吸収を抑える

と、されています。

カフェインは利尿作用と眠気覚ましが有名ですね。

カフェイン自体取りすぎると体の不調につながりますし、やっぱり緑茶も健康にいいからと言って飲み過ぎは厳禁です。

 

そして、タンニンが鉄分を抑えるということですが、これを簡単に言いますと貧血気味になるという感じですね。

普段から貧血気味の人とかは緑茶を過度に摂取をしない方が良いです。

タンニンと鉄の相性は悪い意味でよく、上手いこと鉄と結びついて体外に排出されてしまうようです。

 

よく薬とかをお茶で飲んではいけないとか言いますけど、こういうデメリット的な効果もあるからなんですね。

 

緑茶についてのまとめ

ざっくりと緑茶を説明してみましたけど、緑茶が飲める人は飲んだ方がいいですね!

貧血気味の人や、普段コーヒーなどばかり飲む人には少し相性が悪いかもしれません。

 

健康な人であれば過剰摂取しない限りは健康にいいことは間違いないようですけど、カフェイン中毒などもありますから1日に数回飲むように心がけるといいかもしれませんね。

 

こたろう余談

ここからは私の感想と雑記になります。

緑茶って個人的に普通に美味しいからよく飲む飲み物でもあります。

普段は綾鷹をよく飲んでいるんですけど、確かにトイレが近くなる気もしますね。

健康にいいからといっても、やはり過剰摂取は危険です。

 

寒い冬は飲み物を飲むことがそんなにありませんから、私的には朝モーニングコーヒーがてらにホットの緑茶を飲もうかと思います。

やっぱりお茶といえばおにぎりですよね。

あの黄金の組み合わせは日本人にしかわからないソウルフードかもしれません。

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

それでは、また!