「水」がもたらす体に起こる凄い効果

                 スポンサードリンク

どうも、こたろうです!

 

今回は「水」をテーマに色々と簡易的にまとめていきたいと思います。

人間が1日に必要な水分量

f:id:kotarou_zatuki:20190117202326j:plain



70キロの人で大体3ℓが必要とされているようです。

60キロの人で2.6ℓ、50キロの人で2,2ℓといった感じのようですね。

計算方法は色々とあるみたいですので、簡単なので言いますと

  • 30歳未満→x40
  • 30~55歳→x35
  • 56歳以上→x30

といった感じのようですね。

自分の体重なで全然違いますから、あくまで参考的な数値です。

モデルさんは1日2ℓ以上飲むっていうのは結構有名ですよね。

水を飲むことで得れるメリット

水って味がないし飲まないなっていう人は多いかもしれません。

けれども水を飲むことでまずは血液がサラサラになり良くなります。

血液が正常だと老廃物を送り出してくれたりなどもしてくれます。

老廃物を体外に出すっていうだけで十分ですよね。

二日酔いの人とかって水を欲しますけど、もしかしたらアルコールを出すために体が欲している自然の摂理なのかもしれません。

更にはカロリーなども全くありませんので、普段飲む飲み物を数回水に変えるだけでダイエット効果も期待されます。

デトックス効果などで肌の改善効果もあるようですね。

 

効率の良い水の飲み方

水を1日約2ℓとかいつ飲めばいいのって感じですよね。

朝起きてコップ一杯か二杯飲むだけで約400ml。

それだけでも全然違うみたいですし後は意識して飲むように心がけるしかないですね。

注意しなければいけないのは、一気に大量に飲まないということです。

何事もやりすぎは禁物だと思いますけど、無理に飲むのは厳禁であり1日の間に数回に分けて飲む方がいいようです。

夏場などの汗をかく時期は2ℓくらい普通に飲めちゃいますけど、今の寒い冬とかはなかなか難しいですよね。

1日2ℓ飲もうと思うと、おそらく1日水しか飲まないレベルな気もします。

けれども最低限、1日の間に数回水を飲むという行為だけは、健康を意識するならばやる理由があるのです。

 

水の種類について

水には主に「超硬水→硬水→中硬水→軟水」という種類分けをされています。

そういうのを気にしたことがない人もいるかもしれませんけど、普段私たちが飲んでいるミネラルウォーターは軟水がメインだと思います。

私は硬水レベルになると飲んだ時に「ウッ!」と詰まる感じがします。

水が取れる産地などでこういった種類が分かれるみたいですけど、基本的に日本で取れる水自体が軟水が多いですから体の問題かもしれませんね。

コンビニなどで売っているミネラルウォーターは基本的に軟水が多いはずです。

 

硬度というのは水1L当たりのカルシウムとマグネシウムの含有量で決まっています。

簡単にまとめますと、硬水は100mg/L以上になりそれ以下が軟水です。

 

硬水と軟水のメリットとデメリット

硬水のメリットは主に

  • 便秘解消効果
  • 動脈硬化の予防

そしてデメリットは

  • 結石ができてしまうリスク
  • お腹が緩くなる

とまさに、一長一短な感じがしちゃいますね・・・。

硬水は海外の人たちに適しているとされていますし、私たち日本人には少し合わない水ということになるのかもしれません。

 

次に軟水のメリットはと言いますと

  • 子供でも安心して飲める
  • 生活水としても需要が多い

そしてデメリットは

  • 味があまりない
  • 栄養価も硬水に比べると少ない

といった感じになります。

硬水は癖がありますけど、その分マグネシウムなども多く含んでいますから栄養素は多いというわけですね。

どちらも一長一短な部分がありますけど、やはり私たち日本人は軟水の方がなじみ深いですし飲みやすいと思います。

 コンビニで売っているミネラルウォーターなどは基本的に軟水が多く、外国産の水は硬水が多いって感じですね。

気になる方はラベルにある成分表で水の硬度を見るのもありだと思います。

水の飲み過ぎは絶対厳禁

ここで注意をしなければいけないのが水の飲みすぎ

水を必要以上に飲み過ぎると水中毒という病気になる恐れがあります。

ありえないくらい飲むようには絶対にしないでくださいね!

 

朝起きて1杯、昼食を食べて1杯、寝る30分前くらいに1杯

 

これだけでも全然体に得られる効果は違うと思いましょう。

どんなものでも過剰摂取は体によくありませんから、いくら健康にいいからといってもそれで病気などになっては元も子もないですからね。

2Lも飲むのは夏とかでもない限り難しいでしょうし、上記に書いた3回を取り入れるだけでも全然違うと思います。

 

こたろうの余談

ここからはいつも通り私個人の余談にさせていただきます。

水って実際に飲む機会ってあまりない人が多いと思うんですよね。

昼食や夜飯の時に1杯飲むかどうかだと思います。

日本人ですからお茶を飲んだりしますし、人によっては水なんて飲まないっていう人もいると思います。

 

けれども実は水って、水だけを飲むからこそ効果があると言われる方もいます。

たまに水を飲むとトイレが近くなる人っていますか?

それは実は飲んだからすぐに尿として排出されたようではないようです。

水を久しぶりに飲んだからこそ、前に体内に残っていた蓄積の水が出たと考えた方がいいとも言われています。

いわゆる、水を飲んだらトイレ行きたくなるということは、ようやく体にたまっていた老廃物が出ていったってことかも知れませんね。

水を飲むとむくんだりするっていう人も、たまに水を飲んだからこそ細胞が驚いて膨張してむくんでしまうと言われています。

2Lの水を毎日飲むと2週間後に体内から前の水が排出されるとも言われています。

そして毎日水を飲むことを心掛けると、見た目からしてみずみずしくなり肌も若返るとか・・・。

 

人間は水だけで1ヵ月生きることができると言われていますけど、逆に水がないと5日もいきれないとも言われていますね。

人間というよりも生命が生きていくのに水は絶対に必要条件です。

 

今までコーヒーやジュースなどを飲んでいて水を全く飲んでいない人は、これから1日1L程度は飲むように心がけるだけで健康になれると思います。

水を飲むだけで健康効果があるのに飲まない手はないですよね!

ただ飲みすぎにだけは絶対に注意してください!

朝昼晩1杯飲むだけでも体は喜んでくれると思いますよ!

 

ここまで読んでいただいた方はありがとうございました!

それでは、また!